認知症などの高齢者の悩みを予防~病気のサインを見逃さない~

お年寄り

2つの違い

老化に伴う目の病気について

シニア

白内障と緑内障は、老化に伴う目の病気として広く知られています。水晶体が加齢により濁るのが老人性白内障といい、70〜80歳代ではほぼ100%、水晶体になんらかの濁りがあるといわれています。緑内障は、40歳以上では20人に1人ともいわれています。白内障も緑内障とも、早期発見・早期治療が重要とされています。進行度合いによっても、初期なら点眼薬で治療できることもあり、点眼薬だけで効果がない場合は手術になります。白内障では、水晶体を手術で除去し、眼内レンズを移植する治療を行います。緑内障では、房水の排出を高めるレーザー治療や手術などを行います。選択肢は多岐に及び、治療にかかる費用も方法により幅広く、事前に確認する事が大切です。

白内障と緑内障の病気について

白内障の初期の段階では自覚症状がありませんが、濁りが進行することによって、まぶしさや目のかすみを感じます。持病や水晶体の傷が原因で白内障になっている場合は、手術をしても視力が回復しないこともあるので、視力回復がどのていどまで期待できるのかも主治医の先生から説明を受けておくと安心です。緑内障では、房水がたまり眼圧が上昇することで、網膜の視神経が傷つく病気で、治療しなければ失明に至るため、進行に気づかない患者さんも多いですが、早期発見が大切になります。白内障の手術などでは、日帰りで手術を行っている病院も多いため、気がるに処置が行えるということもあり、大変需要があります。手術になれている病院を選んだりと、情報収集も大切になります。