認知症などの高齢者の悩みを予防~病気のサインを見逃さない~

お年寄り

ホルモンと密接に関係

自律神経のはたらき

シニア

めまい、冷え、動悸や息切れ、耳鳴り、不眠、倦怠感、イライラ、情緒不安定・・・一見別々の症状に見えるこれらの症状が“自律神経失調”という1つの状態でつながっていることがあります。自律神経とは交感神経と副交感神経のことを言います。この2つの神経は24時間、私たちの意思とは関係なく働いているため「自律」という言葉が使われています。交感神経は活動モード、副交感神経は休息モード時にはたらく神経。昼間、活動している時にはたらくのが交感神経。緊張する時、ストレスがかかる時にもはたらきます。心拍数が増え、筋肉は固くなり、胃腸の働きは活動しやすいように抑えられます。一方、夜やリラックスしている時にはたらくのが副交感神経。心拍数は下がり、筋肉もゆるんで、胃腸のうごきもさかんになります。つまり次に交感神経がはたらき、活動するのに備えて、ゆっくり休む時に副交感神経がはたらくわけです。活動と休息、この2つのバランスをとることで健康を保っているわけです。一方、何らかの原因でバランスが崩れると様々な不調が出てきます。自律神経失調と言われる状態です。

自律神経失調と女性ホルモン

自律神経は様々な体の機能をコントロールしています。血液や胃腸などの動き、女性なら排卵、月経、更年期などホルモン分泌、体温を一定に保つなど神経の調整、緊張するとドキドキするなどの精神の調整、発熱したら熱を下げるなど免疫力の調整。これらの調整機能が崩れて、体の機能が上手く働かなくなった状態が自律神経失調です。自律神経失調の症状が多岐に渡るのは自律神経がそれだけ多くの機能をコントロールしているからです。交感神経と副交感神経のバランスが崩れる原因は色々あり、また複雑にからみあっています。生活リズムの乱れやストレス、環境の変化などですが、女性で忘れてはならないのが女性ホルモンの影響。初潮から閉経まで女性ホルモンは変化し続けていますが、自律神経をコントロールしているのは大脳視床下部、そして視床下部のすぐ下にあるのがホルモン分泌をしている脳下垂体なので、お互い影響し合うのです。更年期障害が自律神経失調と似た症状が出るのはホルモンバランスの乱れが自律神経に影響を与えているからです。逆に言うと更年期障害は自律神経を整えることで改善されることが多いのもこういうわけがあります。